育毛・発毛でお悩みならPASSEI(パッセイ)にお任せ下さい。

髪に自然の贈り物 天然自然成分による最新の簡単ヘアケア 発毛・育毛塗布液 パッセイ
パッセイについて パッセイ育毛・発毛実績 パッセイ成分表 育毛・発毛Q&A 通信販売 特定商取引に関する法律に基づく表記

育毛・発毛する無添加アミノ酸シャンプーと頭皮用塗布液「PASSEI パッセイ」

育毛・発毛ならPASSEI(パッセイ)

こちらでは育毛・発毛に関するQ&Aをご紹介しております。
育毛・発毛に関するQ&A
パッセイに関するQ&A
育毛・発毛のPASSEI(パッセイ)通信販売はこちら
アミノ酸ヘアケア製品パッセイ
育毛・発毛に関するQ&A
Q1 「ハゲ」になりやすいタイプとはあるのですか?
一般的に多い「男性型脱毛症」の場合は、体質遺伝的な事が多く、男性ホルモンに関る酵素が大きな原因 といわれています。家系に「ハゲ」が多かったり、髭が濃い、フケが多い、頭皮が脂っぽい、頭皮が固い 方は要注意です。
Q2 どうして「脱毛」するのですか?
正常なヘアサイクルであれば1日に50〜100本ぐらい(個人差はありますが)古い毛髪は抜け落ちま す。が、それより多い場合は要注意!ストレスやホルモンのアンバランス、医薬品の副作用フケや汚れ血 行障害、栄養障害等により毛根が弱り、毛母細胞が正常に機能していない事が考えられます。
Q3 「海藻」が髪に良いって本当?
髪を生成している栄養素(ミネラル)の中のヨウ素を多く含んでいるのが海藻類ですが、大量 に海藻を食 べても、髪の量が増えるわけではない、それどころか、栄養が偏ってしまい有効な効果 を期待できなくな るので注意しましょう。
Q4 いつも帽子をかぶっているとハゲるって本当?
帽子をかぶることによる毛髪への弊害は二つある。一つは「ムレ」、ムレることにより通 気性が失われてい ることにより夏場などは、細菌が繁殖しやすい温床を作りやすいので気をつけましょう。また、もう一つ は「圧迫」圧迫することで頭皮の血行障害を起こした場合、抜け毛の原因になることが考えられる。がし かし、直射日光による頭皮に与える影響も無視できないので臨機応変な着用が必要です。
Q5 「白髪」の人がハゲないって本当?
まず、白髪のメカニズムですが、髪の色は毛皮質に含まれるメラニン色素の量 などによって決定されてい る。メラニン色素は毛髪をつくる毛根にあるメラノサイトいう色素細胞でつくられる。色素が作られる工 程と毛髪が作られる工程はまったく別であり、白髪かハゲかという二者択一ではない。ただ、共通 して正 しいヘアケアを行わずに、早く白髪になったりハゲたり等は考えられる。
Q6 男性と女性ではハゲ方が違うようにおもいますが、、、?
確かにそのようです。まず、ヘアサイクルが男性の場合より女性の方が1〜2年長いのが一般 的で4〜6 年周期で、毛の太さも女性の方が太く、毛量も多く見えます。さらに、男性ホルモン関係の酵素が、ある 年齢から髪より髭などの体毛に働きかけるの対し、女性ホルモンは皮膚や髪を保つ働きをします。そのよ うなことから、男性は「若ハゲ」「禿げあがり」いわゆるハゲという症状が多くなり、女性は「円形脱毛症」「髪の分け目の薄毛」「頭皮の老化による薄毛」の悩みが多いようです。
Q7 毛髪の毛の本数を増やすことはできるのでしょうか?
毛髪は、毛母細胞の増殖によってつくられますが、これは、毛乳頭細胞が司っており、毛乳頭細胞が作ら れるのは胎児の時だけであることから、個人によって髪の毛の本数は決まってしまいます。しかし、正し いヘアケアにより休止している毛母細胞に活性を与えることは可能です。
Q8 毎日洗髪すると抜け毛が増えるんですよネ?
正しい洗髪方法と、良質のシャンプーを使用すればそんなことはありません。また、自然脱毛の範囲でシ ャンプー時に抜けるのは自然なこと、一箇所から大量に抜け毛がない限り、頭皮を清潔にするためにもシ ャンプーすることが大切です。
Q9 どういう抜け毛が危険なのですか?
毛根に付着物があるものは、基本的に危険な抜け毛と考えられます。この場合、頭皮が脂性により頭皮が 不衛生な状態であることが多く、細菌などによる感染症を起こしている場合も考えられます。気になる場 合は、医師の診察を受けたほうが良いでしょう。また、毛先が細くなり抜けている抜け毛の場合は、禿頭 症が始まっていることが多く、すぐヘアケアを開始したほうが良いでしょう。
Q10 「ハゲ」は精力絶倫って本当?
単なる偏見です。ハゲることと男性ホルモンの間には密接な関りがありますが、男性ホルモンには、胸毛ま たはスネ毛の成長を促す働きがあり、このイメージが男性ホルモンという響きと結びついてハゲ=精力絶 倫という図式が成立したのではないかと思われる。そもそも毛髪に関係するのは男性ホルモンの量 ではな く、男性ホルモンの影響を受けやすい体質かどうかという問題です。
Q11 ハゲは「遺伝」しますか?
統計的に遺伝的要因は確かに否めないが、それは、ハゲそのものが遺伝するのではなく、正確にはハゲに なりやすい体質が遺伝するという事です。毛乳頭に存在する酵素は男性ホルモンと結合すると、髪の主成 分であるタンパク質の合成を制御する物質を作り出し、髪の成長をストップさせる。一般 にこれが脱毛の メカニズムと考えられているが、このときの酵素の量 や男性ホルモンの分泌量などが脱毛に関する遺伝的 要素となる。とはいえ実際にハゲるかどうかは生活習慣やヘアケアの仕方といった後天的要素にも左右さ れるともいわれている。したがって親のハゲ頭に悲観する必要はない。
Q12 女性の薄毛の悩みが増えているって本当?
確かに増加傾向にあるようです。下記はある調査機関が出したデータですが、
調査年 推定薄老人口 薄毛率
1982年 620万人 15.60%
1984年 745万人 18.35%
1991年 870万人 19.71%
1995年 970万人 21.08%
1998年 1,137万人 23.74%
↑の表は、国内の男性のデータです。
調査方式は、
薄毛率=薄毛基準に達している人÷観測した成人男性×100
推定薄毛人口=日本の成人男性×薄毛率
調査国(年) 推定薄老人口 薄毛率
アメリカ(1996) 2,937万人 34.19%
台湾(1997) 140万人 19.45%
フランス(1997) 787万人 39.10%
イギリス(1997) 760万人 36.03%
ドイツ(1998) 1,263万人 41.24%
オランダ(1998) 216万人 37.93%
↑は諸外国の薄毛人口
国内の男性のデータから推測しても、かなり増加傾向にあることが考えられる。背景には高齢化社会という現状もあるが、同時に食事の洋風化、ストレスの増大、不規則な生活といった要因による薄毛の若年齢層化も否定できない。もはや、薄毛の悩みは他人事でも男性だけのことでもない時代に突入したと考えられる。特に女性の悩みは増加傾向は間違いないと考えられる。
Q13 髪によい生活とは?
規則正しい生活、快適な睡眠(特に毛母細胞の活動のピークは夜10時〜深夜2時といわれています。)、ストレスなくす、バランス良い食事、刺激の多い食べ物を控える、正しい洗髪で頭皮を清潔にする、髪に負担をかけない(ドライヤーの当てすぎ、パーマ、ヘアダイなど)そして、本物のヘアケアが大切です。
パッセイに関するQ&A
Q1 「パッセイ」の効能効果について教えて下さい。
「パッセイ」を毎日の生活のなかで使用していただくことにより、頭皮、毛髪に潤いを与え、水分等を補うこ とにより、頭皮や毛髪をすこやかに保ちます。 さらに、髪をしなやかにすると同時に裂毛や切毛を予防します。 男女共に使える「頭皮用塗布液」(頭髪用自然化粧品)として多くの方々に喜んでいただける製品です。 モニターで使用していただいた方々からは、その「効果」につきまして多くの喜びの声を頂きました。
Q2 「パッセイ」&「パッセイナチュラルシャンプー」の特質は?
パッセイの効果は、個々の体質や年齢的な個人差はありますが、多くの場合、使用開始より1ヶ月前後に 「抜け毛が最近減ったナァー。」と感じるようになり、同時に「髪の毛が少し硬くなって来た!」と感じることができます。
100名を超えるモニターの方々のほとんどに、このような兆候が出始め、現在残っている髪も硬くなると同時に、太く、艶がでてきたことが報告されています。また、ウブ毛だった髪も、硬くなり、髪の密度が増して来たことは驚くべき事実であり、同種の製品には見られない効果 がありました。
モニターの方々は、どの方も基本的に毎日、朝晩1日2回の使用で「パッセイ」セットを月に1セットの割合で3ヶ月以上使用した場合、このような「効果 」が現れて来たことも報告されました。
また、モニターの方々から、頭皮用塗布液を使用する際にどんなシャンプーを使用すれば良いのか?との質問が多数寄せられ、その結果 、合成のシャンプーやリンスよりも、無添加の自然派シャンプーの方が、パッセイの「効果 」を期待できることがわかりました。そして、パッセイにセットされている「パッセイナチュラルシャンプー」を研究・開発し製品としました。
天然素材にこだわり、表示指定成分無しのパームヤシ等を主原料とし毛髪によい西洋ハーブエキスを配合し、特に頭皮の洗浄を重視し、頭皮に必要なタンパク質を守るためにビタミンEを配合し、老廃物のみを落とすよう洗浄力も考慮し作られたシャンプーです。さらに、香りについてもバスタイムが楽しめるよう天然ラベンダーオイルを配合しアロマテラピー効果 によりリラックスできるシャンプーです。
Q3 なぜ、天然成分がいいのか!?
化学・科学が進んだ事により、人体に不要なものも副産物で出来てしまった。そのことにより、現在問題になっているのか、アトピー等のアレルギーと呼ばれる症状です。人体にやさしいのは、鉱物等から得られるものではなく、自然の中に、生命としてあるものだということではないでしょうか。それらの自然からの恵みである天然成分をバランスよく利用することにより良いものが得られるのです。
「パッセイ」には、化学的な物質は一切入っていません。また、表示指定成分(注1)も使用していません。 素材は選りすぐられた天然の植物エキスなど数十種類に及ぶものがブレンドされています。
アロエエキス、クロレラエキス、オウゴンエキス、センブリエキス、アルテアエキス、コンフリーエキス オランダカラシエキス、カミツレエキス、サイシンエキス、ジオウエキス、チュウジエキス、カキエキス セイヨウキズタエキス、センブリエキス、ボタンエキス、ニンニクエキス、ハチミツ等(保湿成分)の天然素材のエキス成分により構成されています。 人体に無害で、「頭皮用塗布液」とは、身体や頭皮にやさしく作用する自然化粧品です。
(注1) 表示指定成分:薬事法で表示を義務付けられている成分で、現在化粧品では102種類、医薬部外品ではこれに36種類がプラスされている。これらはアレルギーを起こす恐れのある成分ということで指定されたもの。保存料、着色料、香料等に使用されることが多い。
(注2) 上記は現在、全成分表示に変わったので、消費者が自ら知識をつけて、良い悪いの判断をしなければならない。

パッセイについて | パッセイ育毛・発毛実績 | パッセイ成分表 | 育毛・発毛Q&A | 通信販売 | 通信販売について
Copy right(c)2007 PASSEI. All Rights Reserved.   育毛・発毛ならPASSEI(パッセイ)